クレジットカードの基礎知識について、詳しく解説しています。

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードは、クレジットカードの加盟店で使うことができます。加盟店というのは、カード会社と加盟店契約を結んだお店のことで、クレジットカードを使って支払いが出来るお店のことです。お店だけでなくホテルやサービス、レストランなどもそうです。クレジットカードを使える場所ということです。

たとえば駅でも、自動販売機でも、クレジットカードが使えるなら、そこはクレジットカード加盟店ということなのです。

使えるブランドと使えないブランドがある

クレジットカードの加盟店は多くの場合、複数のブランドと契約しています。しかし、全ての加盟店で全ての種類のクレジットカードが使えるわけではありません。

日本ではJCBが強いため、JCBしか使えない場合もあります。また、VISAやMasterしか使えない、というお店もあります。AMEXやダイナースになれば、使えるお店はぐっと減ってしまいます。

使えるブランドはどこでわかるの?

ほとんどのお店やレストラン、ホテルなどでは、お店のドアやレジのところに使えるクレジットカードのマークが入ったシールが貼られています。それを見て、「このお店ではJCBカードが使えるんだな」と判断するのが一般的です。

しかしながら、まれにですが、管理が出来ていないような加盟店では、マークが貼られているのにも関わらず、そのカードが使えない、ということもあります。

そういった場合でもカードが使えるように、日本ではVISAとJCB、またはMasterとJCBという風に別の国際ブランドがはいったクレジットカードを複数枚持つことをおすすめします。

日本では、VISAとMaster、JCBの3つのブランドのクレジットカードを持っていれば、ほぼ全ての加盟店でいずれかのクレジットカードを使うことができます。AMEXしか使えませんといった加盟店は見たことがないので安心してください。

安心してクレジットカードを利用するために、違うブランドのクレジットカードを持つようにしてください。

クレジットカードってだれでも持てるの?

残念ながら、クレジットカードはだれでも持つことができるわけではありません。カード会員になるためには審査があり、その審査に通らない限り、クレジットカードを持つことはできません。

クレジットカードの審査の基準は各社様々です。このカードなら絶対に通るというものはありません。クレジットカードの審査についてはhttp://www.creditcard-shinsa.com/がとても詳しく解説していますので参考にしてください。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各クレジットカード公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
このWEBサイト上の文章、映像、写真等の著作物をクレジットカードの基礎知識の許可なく使用することを禁じます
Since 2007.7.21. Copyright(C)2007 クレジットカードの基礎知識  - All rights reserved